2010年06月07日

メロペンの用量上限変更で承認申請−大日本住友製薬(医療介護CBニュース)

 大日本住友製薬は5月31日、カルバペネム系抗生物質メロペン(点滴静注剤)について、一般感染症の重症・難治例に対する1日用量上限を2gから3gに変更する承認申請を行ったと発表した。同社では、臨床現場で海外と比べて国内の承認用量が低いことが問題点として指摘されていたとしている。

 メロペンは同社が自社開発し、1995年の発売以来、グラム陽性菌・陰性菌による中等度以上の感染症に幅広く使用されている。現在、海外での販売権を供与している英アストラゼネカ社と合わせて世界100か国以上で販売されているという。

 現在、成人の一般感染症の重症・難治例に対して承認されている用量の上限は1日2gで、小児の重症・難治例も成人の1日最大用量を超えないことと定められている。

 同社の売り上げ上位4位に入る薬剤だが、08年11月に特許が切れ、昨年度の売上高は前年度比0.6%減の147億円だった。今年度は後発医薬品の影響から、30.5%減の102億円を見込んでいる。


【関連記事】
グロウジェクトの販売を7月からJCRに一本化
アバプロ、ロナセン、プロレナールで360億円に―大日本住友製薬
1日最大用量2250mgのメトホルミン製剤を新発売―大日本住友製薬
薬価改定影響率、最高は大日本住友の9%強
製薬協の新会長に武田薬品の長谷川社長

<口蹄疫>「宮崎牛」エース級種牛5頭、抗体検査も陰性(毎日新聞)
年2回投与の骨粗鬆症治療薬が米国で承認取得(医療介護CBニュース)
ホームに入りきらずドア開く…札幌駅着「北斗星」(読売新聞)
4日、首相指名の本会議(時事通信)
郵政改革法案、社民つなぎ留めに与党腐心(読売新聞)
posted by ササキ タクヤ at 15:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。