2010年04月19日

シカに矢、死なせた疑いで男逮捕へ=春日大社でボーガンか−奈良県警(時事通信)

 奈良公園の春日大社(奈良市春日野町)で先月、矢が刺さったシカが見つかり、その後死んだ事件で、奈良県警生活環境課などは13日までに、三重県在住の30代の飲食店経営の男が矢を撃った疑いが強まったとして、文化財保護法違反容疑で逮捕状を取った。同日中にも逮捕する方針。同課は男の自宅の家宅捜索に着手した。
 捜査関係者などによると、男は先月12日夜から13日未明、春日大社の境内で、ボーガンのような金属製の矢(長さ約52センチ)でシカを撃ち、死なせた疑いが疑いが持たれている。 

【関連ニュース】
矢刺さったシカ死ぬ=肺を貫通
春日大社に矢刺さったシカ=ボーガンか、腹貫通
高校生、ボーガン撃たれけが=傷害容疑で男を逮捕
反捕鯨団体、破損の妨害船を放棄か=ボーガンの矢を回収

タイで銃撃の村本さんの遺体、家族のもとに(読売新聞)
<掘り出しニュース>美濃焼「志野」の釉薬、鉱山見つかる(毎日新聞)
中小電線企業も価格調整か=屋内配線カルテルで追加立ち入り−公取委(時事通信)
<村本さん死亡>13日夕に無言の帰国 司法解剖へ(毎日新聞)
胎児治療薬に保険適用=肺の成熟を促進−「画期的」専門家ら評価(時事通信)
posted by ササキ タクヤ at 20:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。